脱毛サロンで手のムダ毛を脱毛してもらう

腕に生えているムダ毛を自分で自己処理する人が多いですが、意外な盲点となっているのが手の甲や指に生えているムダ毛です。腕に生えている毛であれば、カミソリやワックスなどで割りと簡単に処理することができます。しかし、甲や指の皮膚は腕よりも薄いので、カミソリやワックスを使用すると肌を傷めてしまう恐れがあります。

家庭用のフラッシュ脱毛器を購入してそれで処理するという方法を選ぶ人もいますが、家庭用脱毛器の出力はとても低いため、甲や指に生えているムダ毛にはほとんど効果がありません。手の甲や指に生えているムダ毛は、毛と言うよりも産毛と言った方がふさわしいくらいの細くて色が薄い毛です。メラニン色素の含有量が少ない産毛を処理するためには、フラッシュの出力を上げる必要があります。

しかし、出力を高くしすぎると肌が火傷してしまうため、家庭用脱毛器はそこまで出力を高くすることができない仕様になっています。つまり、フラッシュの照射を何回行っても、家庭用脱毛器では甲や指のムダ毛をキレイに処理することができないということになります。

しかし、脱毛サロンに行けば、手の甲や指に生えている産毛、自分でみえないうなじまでキレイに処理してもらうことができます。多くの脱毛サロンは、複数の脱毛マシンを導入し、毛質に合わせて使い分けています。産毛専用の脱毛マシンもありますので、確実に処理してもらうことができます。

参考:うなじ脱毛ランキング

いくら甲や指のムダ毛を処理してもらうことができても、それで火傷を負ってしまうのは嫌だと考える人が多いですが、それについては何も心配する必要がありません。なぜならば、脱毛サロンのスタッフはプロだからです。絶妙の出力に調節してフラッシュを照射してくれますので、安心して利用できます。

VIO脱毛の仕組みと毛周期の関係

VIO脱毛は最近はとても人気で、キャンペーンを使えばかなりリーズナブルな価格で施術がおこなえます。
しかし、VIO脱毛は他の部位に比べると、かなり硬い毛なので時間もかかります。

頻繁にサロンに通い施術をすれば、早く完了すると思っている人もいますが、毛には毛周期というものがあるので、毛周期にあわせて施術をおこなわないと、効果がでなくなります。
個人差がありますが、2~3カ月に一度毛周期は訪れます。
この時期に施術をおこなわないと、また2カ月以上待たなければいけません。

スタッフが毛周期にあわせて、施術のスケジュールを組んでいるので、予約をキャンセルするとかなりVIO脱毛が完了するのが遅くなります。

サロンでおこなうVIO脱毛は、6回の施術では最初より半分のむだ毛になり、毛質は細くなりますが、まだまだ生えてくるので自己処理は必要になります。
10~15回くらいで完全にむだ毛がなくなり、自己処理も必要なくなります。
2カ月に1度通うとすると、1年半~2年はかかります。
人によっては、時間が長くかかる事もありますから、VラインやIラインの脱毛は早めに受けておきましょう。

VIO脱毛は生理の時と生理の前後は施術ができないので、予約をする場合は、生理の前後はずらして予約をいれてください。
休日は避け平日の昼間を狙う方が、予約はとりやすくなります。

好きな曲のおかげで目覚めがいい

朝から好きな曲を聞きながら過ごすのが最近のお気に入りの過ごし方です。
このところ好きな曲はJUJUさんの「Brand New Days Will Love You」です。
以前、めざましテレビの金曜日のテーマ曲だったのですが、
あれがテレビで流れていた頃は結構すんなり起きられてたような気がします。

Continue reading

手を休めるべきか、行くべきだったかでの葛藤

昨日は本来なら朝からジムに行く予定でしたが、左の人差指と中指の第一関節と第二関節が痛くて、
結局当日お休みすることにしました。
この状態だとダンベルとかは絶対持てる感じがしないので、無理はしないことにしました。
しかたなく、家で過ごしてましたけどなんだか天気もよかったのに休んでしまったことに少々罪悪感もあり、
でも、今ここで無理をして行ったらもっと手を痛めてしまうかもしれないわけで、
なにか葛藤のようなものをずっと抱えてたような気がします。

Continue reading

本だったら私は紙派です

この前、病院の待ち時間が長すぎて、暇をつぶせるものがないかと、いったん外に出て本を買うことにしました。
今読んでるのは、宮藤官九郎さんの「俺だって子供だ。」という文庫本です。

Continue reading